サイトタイトル画像

最新規格開発動向

 【規格開発中】

下記規格が現在開発中です。
    JIS A 5011-1 コンクリート用スラグ骨材―第1部:高炉スラグ骨材(2016年度開発中)
    JIS A 5011-4 コンクリート用スラグ骨材―第4部:電気炉酸化スラグ骨材(2016年度開発中)
    JIS A 5021 コンクリート用再生骨材H(2016年度開発中)
    JIS A 5022 再生骨材Mを用いたコンクリート(2016年度開発中)
    JIS A 5023 再生骨材Lを用いたコンクリート(2016年度開発中)
    コンクリート混合用高機能繊維に関するJIS開発(2014~2016年度開発中)
    高機能型の高性能AE減水剤(増粘剤含有混和剤)の品質・性能判定基準及び高流動コンクリートの性能評価
    試験方法に関するJIS開発(2015~2016年度開発中)
    レディーミクストコンクリートの品質及び安全性の向上に関するJIS開発
    (JIS A 5308改正に向けた事業)(2016~2017年度開発中)
※上記の期間の後、JISが発行されるまでには所定の期間を要します。

 【官報公示済み 好評発売中!】

2016年4月20日改正
    JIS A 5361:2016 プレキャストコンクリート製品-種類,製品の呼び方及び表示の通則
    JIS A 5362:2016 プレキャストコンクリート製品-要求性能とその照査方法
    JIS A 5363:2016 プレキャストコンクリート製品-性能試験方法通則
    JIS A 5364:2016 プレキャストコンクリート製品-材料及び製造方法の通則
    JIS A 5365:2016 プレキャストコンクリート製品-検査方法通則
    JIS A 5371:2016 プレキャスト無筋コンクリート製品
    JIS A 5372:2016 プレキャスト鉄筋コンクリート製品
    JIS A 5373:2016 プレキャストプレストレストコンクリート製品
    JIS Q 1012:2016 適合性評価-日本工業規格への適合性の認証-分野別認証指針
    (プレキャストコンクリート製品)(追補改正)

    JIS A 5011-2:2016 コンクリート用スラグ骨材―第2部:フェロニッケルスラグ骨材
    JIS A 5011-3:2016 コンクリート用スラグ骨材―第3部:銅スラグ骨材

    JIS A 5021:2016 コンクリート用再生骨材H(追補改正)
    JIS A 5022:2016 再生骨材Mを用いたコンクリート(追補改正)
    JIS A 5023:2016 再生骨材Lを用いたコンクリート(追補改正)

2015年12月7日改正
    JIS A 1105:2015 細骨材の有機不純物試験方法
    JIS A 1111:2015 細骨材の表面水率試験方法
    JIS A 1125:2015 骨材の含水率試験方法及び含水率に基づく表面水率の試験方法

詳細は、JSA Web Storeをご覧ください。

 平成26年2月25日に公示されたコンクリート関係JIS(制定1件・改正13件)

JIS一覧表(Excel)ダウンロード

一覧表内のJIS番号をクリックすると、JIS規格票の購入ページ(JSA Web Store)に移動します。

JISとは何か

JISは、工業標準化の促進を目的とする「工業標準化法」に基づき制定される国家規格であり、約1万件の規格が制定されています。(2012.3時点)
「JIS A 5308」のように1件ずつ番号がついており、アルファベットは分野(Aは土木及び建築)を表しています。
日本規格協会では、JIS規格票を冊子・PDFの形式で販売しています。規格票には解説がついており、 制定・改正の経緯など、より詳細な説明をご確認いただけます。

JISマーク表示制度

2005年10月よりJISマーク表示制度は、政府による認定に代わり、民間の第三者機関(登録認証機関)が一元的に責任を持って認証を行う新JISマーク制度による「製品認証制度」となりました。この制度は工業製品でJISに適合する様々な製品に『JISマーク』を表示することができる制度です。これにより、建材をはじめとする工業製品が確かな品質を持っているかどうかがひと目でわかるようになります。

鉱工業品のマーク

鉱工業品

加工技術のマーク

加工技術

特定側面のマーク

特定側面

ページ最上部へ